身の回り品補償特約の詳細

自動車保険では本来の補償内容とは別に様々な特約をつけることができます。「身の回り品補償特約」もその一つで、車両保険加入時にこの特約をつけることで、自動車保険の保険金の支払対象となる自動車事故を起こしたとき、車内に積んでいるものが損壊した場合にその修理費用が保険金として支払われるようになります。支払われる保険金は、物品が全損か分損かによって異なります。
例えば、ゴルフコンペに参加するためにゴルフ場を向かう途中で追突事故にあったとき、トランクルームの中にしまっていたゴルフクラブが折れて使えなくなった場合は、折れたゴルフクラブの修理費用を支払われる保険金を活用して修理することができます。車内に荷物を積んだ状態で自動車事故を起こした場合は、車体だけでなく車内の荷物も何らかの被害が出ていることが少なくありません。高価なものを積んで外出する機会が多い人は、この特約をつけておくと安心です。
なお、保険金の支払対象となる身の回り品については損害保険会社ごとに異なっています。例えば、デジタルカメラやゴルフクラブ、携帯電話といったものについては多くの損害保険会社で支払対象として指定されていますが、宝石や貴金属、有価証券といったものは対象外とされていることが多いです。また、ノートパソコン、アウトドア用品、スノーボード、サーフボードといった物品については、損害保険会社で対応が分かれています。手持ちの物品が保険金の支払対象となるかどうかについては、加入している損害保険会社に問い合わせて確認しましょう。

Comments are closed.