レーダー探知機と盗聴探知機の有用性


盗聴されているかも、と感じたことはありませんか?盗聴なんて自分には関係がない、映画か小説の中のことだろうと思っている人も多いと思います。しかし、テレビなどでよく盗聴探知機を持って住宅街を回ってみると、盗聴の電波を傍受することができ、実際その御宅に行って調べてみると、プラグや電話などにマイクを仕込んだ盗聴器が見つかったりします。これにはさすがにびっくりされるわけですが、たいていの場合、思い当たるふしがないわけでもなかったりします。

盗聴器そのものは、どこでも手に入ります。したがって、知らぬ間に盗聴器が仕掛けられていたとしても、不思議ではないのです。もし、不安を感じる場合は盗聴探知機を購入して自分で調べてみるか、専門業者に依頼すると良いと思います。また、探知機といえば、もう少し身近なところではレーダー探知機というのがあります。車体に取り付けると、警察のスピード違反取締のレーダーを探知して、アラームで知らせてくれる仕組みになっています。ついついスピードが出てしまうような運転をしているドライバーには必須アイテムですね。最近の探知機は性能が上がっているほか、簡単なナビのような役目を果たしますから便利ですよ。

Comments are closed.