車両保険の役割

車には多くの種類の保険がありますが、自分の車のための保険が車両保険です。
この保険に入っていることにより、自分の車に何かあったとき保険金が下りることになります。
他車と事故を起こした場合、10対0で相手が悪ければ相手の保険で修理費を賄いますがこれが9対1の場合修理費の1割は自分で賄わなければなりません。
この場合、この保険に入っていればこの金額は保険から支払うことができます。
一番この保険が役に立つのは自爆事故の時です。
100%自分の過失で車を傷つけた場合この保険でないと保険金は下りません。
車の修理費用はピンキリですが車を生活の一部として使用し運転に自信がないドライバーは入っていた方が無難な保険です。
車が全損した場合でも保険は下りるので万が一の時の購入資金にあてることもできます。
運転に自信がある場合は衝突した相手が車両だった場合のみ保険が下りるというものもあります。
この場合自爆事故の際は保険は下りませんが自爆は起こさない、または自爆は仕方ないと考え不確定要素のある車両に衝突した場合またはされた場合に備えたいという方に向いています。
このように用途や自分の状況に応じて入るかどうかを判断するといいです。
しかし、この保険は掛け金も高いので考慮が必要です。

Comments are closed.