盗難への対策方法

盗難には様々な手口があります。
日頃から気を付け、手口ごとに対策するしかありません。
車から少しでも降りる際は完全に窓を閉め切りキーを抜いてハンドルやドアをロックします。
照明などがあり明るい場所で防犯カメラが設置されている防犯設備の整った管理されている駐車場に車を停めるようにします。
スペアキーや貴重品を車に置かないようにします。
また、最近の車には防止装置が付いている車が主流になってきています。
衝撃・振動・音などの異常をセンサーが感知し大きな警報音を鳴らして知らせる装置や、イモビライザというカギから発信される信号を車両のコンピューターが受信し、照合して一致しない場合エンジンが始動しないようになっているものなどがあります。
イモビライザはメーカーの純正品で付いてくる以外にも市販の後付けできるタイプの物もあります。
他にも市販されている、ハンドル固定器具、タイヤのホイールロック、GPS追跡装置などを取付け予防することが可能です。
万が一盗まれた場合は車が返ってくるわけではありませんが、保険が役立ちます。
保険会社によって支払われるケースや金額、プランなどが違いますが保険会社のホームページからネットで大体は調べることができます。

Comments are closed.